沿革

 

 開設者は1997年に世界ではじめて実用的な歯科用小型XCTの開発に成功し、この技術を日本大学(NUBIC)よりモリタ製作所へ技術移転した。モリタ製作所は初代の歯科用CT3DX)を完成させ、2000年に薬事項目が新たに追加され、その第1号に認定された。2005年にフラットパネルが使用された第2世代の“3DX”が発売された。

 この年に、北千住ラジスト歯科 i-VIEW画像センターは、歯科用CTの正しい知識を普及することを目的として、開発者自らが開設をした。“ラジスト歯科”の由来は、英語で放射線専門医を示す“radiologist”から造語させていただいた。法律上は一般歯科となんらかわることはないが、一般治療は行わず、最新の歯科用CTの知識を提供することを業務としている。 現在は3世代にあたる最新の“3DX F8が稼動中である。

 

 本院の設立目的を体系化した書籍2008年にクイント出版から2009年には医歯薬出版から出版されるにいたった。

 

 今後も、歯科用CTの正しい知識を普及させるために、尽力していく所存である。

 

北千住ラジスト歯科 i-VIEW画像センター ロゴ北千住ラジスト歯科 開設者 新井嘉則 

Copyright© 2010 Kitasenju Radist Dental Clinic. All Rights Reserved.

CT撮影を専門とした歯科医院です

北千住ラジスト歯科 i-VIEW画像センター

DXCT開発者(北千住ラジスト歯科顧問)

日本大学歯学部卒

日本大学歯学部大学院修了・歯学博士

世界で初めてパノラマのデジタル化に成功

歯科用に最適化された実用的な3次元CTを設計製作し、世界で初めて臨床応用に成功

平成15年度 科学技術政策担当大臣賞 受賞

平成19年度 文部科学大臣発明奨励賞 受賞

日本歯科放射線学会 理事・指導医・認定医

歯科放射線専門医

日本大学歯学部特任教授

ni

新井 嘉則

本施設は歯科用小型XCT(3DX モリタ製作所)の開発者による

3次元画像撮影を専門とした歯科医院です。

Copyright© 2011 Kitasenju Radist Dental Clinic. All Rights Reserved.

トップ

CT撮影依頼

開発者紹介

連携歯科医院ご紹介

著書

CTの使用 基本原則

リンク