ヨーロッパ顎顔面放射線学会が定めた

Cone Beam CTの使用に関する基本原則

北千住ラジスト歯科 i-VIEW画像センター ロゴ

この基本原則は、Basic Principles for Use of Dental Cone Beam CTConsensus Guidelines of the European Academy of Dental and Maxillofacial Radiology, January 2009を和訳したものです。

(↑クリックするとオリジナル英語版にジャンプします)

Copyright© 2010 Kitasenju Radist Dental Clinic. All Rights Reserved.

CT撮影を専門とした歯科医院です

北千住ラジスト歯科 i-VIEW画像センター

本施設は歯科用小型XCT(3DX モリタ製作所)の開発者による

3次元画像撮影を専門とした歯科医院です。

トップ

CT撮影依頼

開発者紹介

連携歯科医院ご紹介

著書

CTの使用 基本原則

リンク

Copyright© 2011 Kitasenju Radist Dental Clinic. All Rights Reserved.

1

病歴の把握と臨床検査を行う以前でのCBCT検査は行わないこと

2

患者が受ける利益がリスクよりも上回ることが示せる場合にのみ、CBCT検査は正当化される

3

患者の管理において補助的な情報が新たに引き出される可能性がある場合にCBCT検査を行うこと

4

同一患者にCBCTを“ルーチン”で繰り返し撮像しないこと。撮像する際はその都度、利益とリスク評価を行うこと

5

CBCT検査を他施設へ依頼する歯科医師は、CBCT検査施設が検査の正当性を評価できうる十分な患者情報(病歴や診察の結果など)を提供しなければならない

6

従来のパノラマX線など放射線量の少ない撮像方法では十分ではないと思われる場合においてのみ、CBCTが使用されるべきである

7

CBCT画像は撮像部位のみならず画像データ全体の臨床評価(放射線学的レポート)を行うこと

8

患者の放射線学的評価において軟組織像が必要と予測できる場合はCBCTではなく、医科用CTまたはMR撮像が適切である

9

CBCT装置はボリュームサイズの選択ができるものであること。検査では患者の放射線量を抑えるため、臨床症状に応じて最小のサイズを選択すること

10

解像度が選べるCBCT装置の場合は、適切に診断が行える最低の解像度を使用すること

11

CBCT装置を導入した各施設において、装置や技術面の品質管理手順が含まれた“質的保証プログラム”を確立し実施すること

12

正確にポジショニングするための、レーザー光ビームを必ず使用すること

13

CBCT装置の新規導入の際は、職員や一般公衆ならびに患者の放射線防護の観点から使用前に臨界試験および詳しい製品検査を実施すること

14

診療所や施設の使用者ならびに患者の放射線防護の観点において著しい劣化がないか、CBCT装置の検査を定期的に実施すること

15

CBCT装置における職員の防護については、欧州委員会公的刊行物“放射線防護136--歯科X線検査の放射線防護に関するヨーロッパのガイドライン:歯科診療における安全なX線の利用のために”の第6章のガイドライン(Section 6 of the European Commission document ‘Radiation Protection 136. European Guidelines on Radiation Protection in Dental Radiology’)に従うものとする

16

CBCTに関わる全ての者は、放射線業務や放射線防護能力に関する適切な理論および臨床訓練を受けた者であること

17

資格取得後も継続的に学習や訓練を受けること。特に新しいCBCT装置または技術の採用があった場合には必須である

18

CBCT施設の管理者となる歯科医師が適切な理論および臨床訓練を受けていない場合は、学術機関(大学やそれと同等の機関)が認証する理論および臨床訓練を受講し修了すること。口腔顎顔面放射線科専門医の国家資格が存在する国においては、専門医がCBCT訓練プログラムに直接関与し企画および講師を行うこと

19

歯や歯を支えている組織、下顎と鼻腔底部までの上顎の歯槽骨のCBCT画像(例. 8cm×8cmまたはそれより狭いField Of View)の臨床評価(放射線学的レポート)は特別な訓練を受けた口腔顎顔面放射線科専門医により作成されること。これが実行不可能である場合においては適切に訓練された一般歯科臨床医が行うこと

20

歯槽骨以外の狭いFOV(例.側頭骨)や頭蓋顔面のCBCT画像(歯や歯を支えている組織、顎関節を含む下顎と鼻腔底部までの上顎の歯槽骨を越えて広がっているFOV)の臨床評価(放射線学的レポート)は特別な訓練を受けた口腔顎顔面放射線科専門医もしくは臨床放射線科医(医科放射線科医)により作成されること